所長弁理士 中山 俊彦

弁理士 中山 俊彦

御社の“ファーストコール”を受ける弁理士でありたい

これまで、特許・実用新案・意匠・商標及び周辺領域(不正競争防止法、著作権法)と多岐にわたるジャンルで、数多くのご相談、出願、中間業務、審判、訴訟、価値評価など様々なステージの業務を経験してきました。
おかげさまで、「知財に関する総合相談窓口」としては最適なキャリアを積ませていただいたと思っています。
これまでお付合い頂いたお客様、及びチャンスを与えて頂いた前勤務先には大変感謝申し上げます。
とともに、この蓄積した資産を御社の事業の次の一歩に活かせるよう、知財で何かがあれば真っ先にご相談=“ファーストコール”を頂ける弁理士でありたい、と願い、日々研鑽しております。

なお、これまでのキャリアを通じ、各分野における更に専門性の高い同業者/異業者とのネットワークがあることも、弊所の大きな強みの一つです。

“変わり種”?

金融業界に5年弱、その後知財業界に転身して15年。
経歴からは、一般的なキャリアのいわゆる“弁理士”像とはかけ離れているとお感じになると思います。
でも、だからこそ、「経営の中の知財」という視点から、より適切な権利化/ノウハウの仕分けや、ブランド戦略の構築、といった、将来のビジョンを踏まえたご提案が可能と自負しています。
これまでお付合いされたどの弁理士とも違う体験を、ご提供いたします。

所長経歴

● 略歴

1997年
東京大学法学部第2類(公法コース) 卒業
さくら銀行(現三井住友銀行) 入行
2001年
都内特許事務所 入所
2004年
弁理士登録(登録番号13470)
2006年
特定侵害訴訟代理付記登録
2012年
あさかぜ特許商標事務所設立

● 職歴

2006年〜
知的財産価値評価推進センター特別部運営委員
2010年〜2014年
同センター金融機関特別会議主任
2014年〜
農林水産知財対応委員会委員
2017年〜
知的財産経営センター(価値評価事業本部)委員
農林水産知財対応委員会 副委員長

● 講演歴

2010年 3月 17日 日本弁理士会会員向け研修
「知財を活かしたファイナンスへの地方銀行の取組実態」
2011年 2月 9日 日本弁理士会関東支部・公認会計士協会合同研修会
「知財を活かした資金調達への地方銀行の取組実態」
2013年 9月 25日 北海道デザインマネジメントフォーラム_セミナー
「デザイン・知財活用のキモとなる知的資産の“見える化”」
2014年 9月 9日 北海道経済産業局主催「知的財産活用講習会」
「地域ブランド構築のために知的財産権はどう活用されるべきか」

● 所属団体

2012年〜
鎌倉商工会議所
2013年〜
神奈川県中小企業家同友会
2014年〜
川崎商工会議所(特別会員)

● 略歴

国内特許事務所及び国内IT企業知財部門を経て、当事務所入所。

● 専門

特許調査全般,電気ソフトウェア系特許出願,商標出願。

● ひとこと

先行技術をしっかり調査して発明を提案することに力を入れております。

弁理士 石本 貴幸

● 略歴

1997年
神戸商船大学 商船学部 動力システム工学過程 卒業
1999年
神戸商船大学 博士課程前期 動力システム工学専攻 卒業
1999年〜
メーカー勤務
2005年〜
特許事務所勤務
2010年
弁理士登録(登録番号16919)
2014年
特定侵害訴訟代理付記登録
2016年〜
あさかぜ特許商標事務所加入

● 所属団体

2016年〜
営業秘密保護推進研究会

● 論文

2017年
「営業秘密における有用性と非公知性について」パテント vol.70 No.4, p112-122